「ケアーズ訪問看護ステーション開業運営支援」を展開するインキュベクス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:上村隆幸)が、2017年9月1日から、関連会社の株式会社ケイスラッシュ(本社・代表、同上)で、直営の訪問看護ステーションの運営を開始した内容が、『高齢者住宅新聞』の9月6日号15面に掲載されました。

今回、横浜市にオープンした「看護の王国訪問看護ステーションこすもす」は、2012年から訪問看護の開業支援を展開する同社にとって、初の直営拠点であり、今後の業界動向を見据えた新たなニーズに対応する最新技術の試験・実証の場となる点で注目されています。

また、就業する職員が、診療看護師(NP、ナースプラクティショナー)、緩和ケア認定看護師、リンパ浮腫療法士などの資格も有する看護師で、重度者の受け入れや看取りの強化など大きな地域の支えとして期待されている点も注目を集めています。

■『高齢者住宅新聞』に掲載された記事の概要
  掲載媒体:    『高齢者住宅新聞』
  掲載号:     2017.9.6号 (15面)
  発刊日:     2017年9月6日発行
  記事タイトル:  「インキュベクス 直営の訪看 開業」
  記事内容:    インキュベクスが関連会社ケイスラッシュによって、訪問看護のFCとして実績ある同社の直営としては初となる「看護の王国訪問看護ステーションこすもす」を、9月1日、横浜市で開業。