株式会社ケイスラッシュは東京商工会議所主催のビジネスコンテスト、「第15回勇気ある経営大賞」に応募しました。

株式会社ケイスラッシュ(東京都世田谷区)は3月10日、東京商工会議所が主催するビジネスコンテスト「第15回勇気ある経営大賞」に応募しました。

ケイスラッシュが直営する住宅型有料老人ホーム「介護の王国」のビジネスモデルにおける、医療介護業界の常識の打破など“勇気ある挑戦”をアピールし、設立間もない会社の知名度向上を目指します。

「勇気ある経営大賞」は、東京商工会議所が、厳しい経営環境の中で勇気ある挑戦をしている中小企業を顕彰する制度で、革新的あるいは創造的な技術・技能やアイデア、経営手法等により、独自性のある製品・サービスを生み出している企業が応募するものです。

現況を打破するイノベーションを実践している企業が求められており、顕彰によってその活動を広くPRすることで、後に続く企業に目標と勇気を与え、経済の活性化に資することを目的としたものです。

ケイスラッシュは、直営する住宅型有料老人ホーム「介護の王国」のビジネスモデルにおいて、現在の在宅医療制度の限界に挑み、例えば、報酬額が固定されている介護制度の中でIoT活用における効率化によって利益や従業員の給与を増大すること、年金の範囲内である月額9万5千円という低価格ながら自立支援型も含む充実したケアを提供すること、独立を目指す看護職・介護職の支援を行いながら雇用するなど大胆な人材登用を行うこと、産学官の連携により最先端技術を導入し介護職の負担軽減や服薬量の減少を実現することといった様々な挑戦を行っています。

「第15回勇気ある経営大賞」の受賞企業決定は9月頃です。受賞した場合は、改めてご報告いたします。

勇気ある経営大賞とは – 東京商工会議所WEBサイト
http://www.tokyo-cci.or.jp/market/keieitaisyo/b_information/