報道関係者各位
プレスリリース
2018年3月9日
株式会社ケイスラッシュ

訪問看護ステーションや老人ホーム「介護の王国」の直営事業を行う株式会社ケイスラッシュ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:上村隆幸)は、2018年8月に横浜市鶴見区でオープン予定の「介護の王国」直営施設において画期的なキャリアラダーと給与制度を導入し、支援先で「介護の王国」ブランド名を冠するグループの関東圏におけるスタンダードな制度とすることを、3月1日に発表しました。
今回、導入を行ったキャリアラダーと給与制度は、介護職でも500万円以上の年収も可能なもので、3月1日より新制度を適用し、直営施設における総勢30名に及ぶ職員募集を開始しています。

今回、ケイスラッシュが新たに導入を決定した新たなキャリアラダーと給与制度では、ジョブカードを活用した運用が行われる点と、独自資格の取得に基づく昇給が可能な点の他、事業者側での利点として、介護職員処遇改善加算が適応可能なキャリアパス要件を定めている点などが挙げられ、これにより大幅な給与の増額を実現しています。
今回の新たなキャリアラダーと給与制度の導入にあたっては、ケイスラッシュの関連会社であるインキュベクス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:上村隆幸)が2017年11月24日に取得した特許「介護事業に携わる介護職の人事評価装置、人事評価方法、介護職に対する人事評価を伴う介護事業方法、人事評価装置に用いられるジョブカード及び人事評価装置に用いられるコンピュータ読み取り可能な介護ソフトウェア」(特許第6248226号)の技術を一部応用しています。

昇給につながる独自資格については、国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授が提唱する自立支援介護によって、認知症高齢者の症状を消失させる「認知症状軽減カリキュラム(仮称)」を準備しており、独自資格を取得可能な教育研修制度についても併せて整備を推進しています。
昨今の介護業界における動向と政策とを先取りし、必要とされるスキルや資格の習得による大幅な昇給を可能にすることで、介護職員の採用強化と入職後の就業意欲・学習意欲の維持向上を目指した取り組みとなっています。

■「管理職 上級」+「サ責」+「自立支援介護独自資格」の職員の給与モデル
●年収 5,264,000円
<内訳>
(ア)「管理職 上級」号給7 = 356,000円/月
(イ)「サ責」サ責Ⅲ = 10,000円/月
(ウ)「自立支援介護独自資格」自立Ⅲ = 10,000円/月
(エ)月収 = (ア)+(イ)+(ウ) = 376,000円
(オ)年収 = 月収×14ヶ月分(賞与1+1ヶ月分含) = 5,264,000円

なお、自立支援介護スキルのトレーニングセンターとして、認知症に関する相談機能を持った福祉・介護についての相談窓口を活用する準備を始めており、その取り組みの推進のための総合情報サイト「介護職のための認知症状消失広場」(http://ninchisho-kaiketsu.com/)をオープンしました。

【株式会社ケイスラッシュ・会社概要】
名称:株式会社ケイスラッシュ
本社住所:神奈川県横浜市港北区
設立:2017年1月
資本金:1,000千円
代表者:代表取締役 上村隆幸
URL:https://k-slash.co.jp/
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ケイスラッシュ
担当:長谷川
TEL:045-620-9119
FAX:050-3606-0337