こんにちは。看護師さんの職場環境改善に取り組んでいる長谷川です。

ケイスラッシュにまた新しい仲間が増えました。

本日は、将来の独立を目指し入社された島袋看護師をご紹介いたします。

そんな将来への期待があふれる島袋看護師の思いを、同じく将来への期待が大きいインキュベクス所属の小菅さんにインタビューしてもらいました。


※左が島袋看護師。右は野村看護師です。

小菅:まずは簡単に自己紹介をお願いします。


島袋:名前から分かるかもしれませんが、沖縄出身の島袋と申します。

看護助手という医療行為は一切なしの看護のお手伝いを5年経験しましたが、もっと身近に患者に寄り添うケアができるようになりたいと思ったので看護師になりました。


ありがとうございます。看護師として勤めながら訪問看護師になろうと思ったきっかけをお聞かせください。


看護師になるための専門学校に通ったときは、当時は訪問看護師として働くイメージが持てませんでした。訪問看護の研修での訪問先の家がひどく汚くて、ネズミが出たりで、自分には難しいと思ったからです。

看護学校卒業後は、千葉の総合病院の循環器・ICU病棟に勤めていましたが、患者さんが病院で最後を迎えるのではなく、多くの人が在宅で最後を迎えることを希望されていることに気づき、在宅でケアできる訪問看護に興味を持ちました。


ありがとうございます。訪問看護に興味を持ってから、ケイスラッシュに入社したきっかけというのは…


少し脱線してしまうかもしれませんが、自分で訪問看護事業を経営して、両親を看取ることが私の最終的な夢です。

沖縄出身の両親は、海が見えて落ち着くことができる在宅で最後を迎えさせてあげたいと思ったので訪問看護の起業を考えるようになりました。

ただ、病院での勤務経験しかないので、訪問看護を体験してみることが大事だと思い、ケイスラッシュのホームページで自己資金・経験ゼロから始められる独立支援プログラムを見つけました。これが私の入社したきっかけでした。


ありがとうございます。これから訪問看護を経験していくことになりますが、ケイスラッシュで働きながら学びたいことはありますか?


ケイスラッシュで働き始めて2週間程経ちましたが、ナースだった私が、白衣を着ずにスーツを着ていることがとっても新鮮ですね。

ケイスラッシュの支援体制が、訪問看護を経験できる環境だけでなく、将来的に、私が起業するために必要な経営知識や介護保険請求といった知識を学べる場が用意されているので、そのような機会を活用していけたらと思っています。


ありがとうございます。それでは最後に、島袋さんはどんな看護師でありたいですか?


看護師なので医療処置を行うことはもちろんのこと、ご利用者が望むことをきちんと理解してあげられて、ほっとする、安心感のようなことも大切にして、ご利用者と壁を感じないケアを心がけていきたいです。


ありがとうございました。



※長谷川とがっしり握手!(入社前の面談時の記念撮影)