こんにちは。ケイスラッシュの長谷川です。

株式会社ケイスラッシュの直営拠点となる、療養通所介護事業所(通称、療養デイ)「療養通所 ケアーズ矢向」のオープンが間近に迫っています。

「療養通所 ケアーズ矢向」のオープン日は、2018年4月1日。場所は神奈川県横浜市鶴見区です。

今回は、療養通所で地域医療連携をお願いしている公共財団法人横浜勤労者福祉協会汐田総合病院代表理事兼専務理事の大間知哲哉様と佐藤様を、オープンを控えた「療養通所 ケアーズ矢向」にお迎えし、当社の看護師で「療養通所 ケアーズ矢向」の管理者となる野村が、療養通所の詳しい業務内容や、施設設備をご紹介した場面をご覧いただきます。

早期退院する方、医療依存度の高い方の受け皿として活躍したい

野村: 株式会社ケイスラッシュによる、「療養通所 ケアーズ矢向」のオープンが、いよいよ迫ってきました。
2018年4月1日のオープンを前に、本日は汐田総合病院代表理事兼専務理事の大間知哲哉様と佐藤様へと「療養通所 ケアーズ矢向」のご紹介をしたいと思います。


大間知様: 療養通所介護の開業は珍しいですし、期待が高まりますね。オープン後は、この療養通所をどのように活用していくのですか?


野村: 「療養通所 ケアーズ矢向」は、早期退院する高齢患者の受け皿、そして在宅復帰支援の提供の場にしていきたいと思っています。

地域の中で特にニーズがある入浴についても、それを打ち出した療養通所施設として活用していきたいです。
また、非接触型で心拍数、呼吸数がわかるバイタルセンサーなどの測定器を設置することでご利用者の見守る機能を強化していきます。

他にも、訪問看護事業所を併設している点から、退院から在宅までの流れをトータルでサービス提供できるという強みがあります。


大間知様: 様々な特徴を持った事業所になりそうですね。では、ご利用者様はどんな方を受け入れていくのですか?


野村: 「療養通所 ケアーズ矢向」では、医療依存度の高い中重度者を預かることが可能です。

末期の悪性腫瘍の方や、人工呼吸器を使用される方、気管切開や胃瘻、褥瘡といった処置が必要な方を中心に、19疾病を患っているご利用者を預かることができます。


大間知様: 医療依存度の高い方を受け入れられるのは素晴らしいですね。


訪問看護も併せて活用できる特徴を持った療養通所介護

大間知様: ところで、療養通所ということは、送迎も看護師さんが付き添われるのですよね?


野村: はい。送迎も私を含めた看護師が付き添うことで、ご安心いただけます。

車椅子2台又はストレッチャー1台収容可能の介護車両を整備しており、安心・安全な送迎をご提供いたします。

ご利用者様のご自宅では、まず利用者様の状態を確認し、医療機器の取り外しなどを実施して送迎の準備いたします。

帰宅時にも利用者さんの医療機器の設置や状態確認を行って安全確認第一でサービス提供を行います。


大間知様: 介護車両の他に、小型の電動車両も用意されているようですが、こちらも送迎に使用するのですか?


野村: 電動車両については療養通所ではなく、併設する訪問看護の訪問車両として使用いたします。

鶴見区梶山地区は坂道が多く道幅が狭いため、訪問する際の周辺住民への影響を、大きさもかなり小さく、音も静かで排気ガスが出ない電動車両によって最小限に抑えることで、地域の方にもやさしい訪問看護が実現できるのではないかと考えています。


大間知様: 環境にも優しい車両でとてもいいですね。これからの在宅医療介護は、こうした環境への配慮も重要になるのかもしれません。

私たちのような地域の医療機関の視点で見た場合、療養通所は退院調整に活用できそうに思いますが、いかがですか?


野村: もちろん、退院調整の場面で、私たちをご活用いただけるのは大歓迎です。

当社療養通所は利用者様に対して、訪問看護が入れることを特徴としておりますので、退院後の一時利用や、病院に入院できない方を在宅生活に復帰を目指す施設として、ぜひ活用していただけたらと思います。


大間知様: 患者様の早期退院促進の場面で、「療養通所 ケアーズ矢向」さんには、調整の受け皿となっていただけたら有り難いですね。お互いに連携を図っていきたいので、よろしくお願いいたします。


野村: ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。



※梶山に建設中の有料老人ホームも視察していただきました。